胃がんリスク検診について

今年度6月からつくば市の胃がんリスク検診が始まります。(40歳、45歳)

胃がんリスク検診とは?

血液検査により、胃がピロリ菌感染しているか(ピロリ菌抗体検査)、胃の炎症(萎縮)が起きているか(ペプシノーゲン法)を調べ、胃がんになるリスクが高いか低いかを判断します。

対象者の方は受診券、保険証を持参し、ご来院下さい。(AM9:00~11:30、PM2:30~5:00)

2019年05月24日